東京卍リベンジャーズ

【これで決まり】東京卍リベンジャーズの”本当の”強さランキングトップ10

東京卍リベンジャーズの強さランキングTOP10

追記:2020年9月25日にランキング更新しました!

どうも!しょーじろーです。

累計400万部突破で大人気の東京卍リベンジャーズですが、その中でも注目したいのがキャラクターの喧嘩の強さです。

僕も電子書籍全巻(1巻~19巻)持ってるし、少年マガジンも最新号は常に東京卍リベンジャーズ(or ブルーロック)を真っ先に読むほどハマってます。

東京卍リベンジャーズは特攻の拓ほど喧嘩っ早くはないのですが、いざ戦うとなると化け物クラスのキャラもたくさんいるんですよね。

そこで今回は完全に独断と偏見でキャラクターの喧嘩の強さを1位~10位までランクづけしてみました!なるべく公平(?)に強さを評価したつもりなので、あなたの独自ランクとも比較しながら読んでみてくださいね。

第10位:三ツ谷隆

三ツ谷隆

まず10位は三ツ谷隆!!

実は三ツ谷は物語が進む前はあまり評価は高くなくて、単なる優しい兄貴的なキャラ付けかと思ってたんですが、実は戦うとめちゃ強いという。

特に柴太寿がいきなり襲ってきた時にパンチを受け止める三ツ谷にはしびれた…というわけで第10位は三ツ谷隆でした!

第9位:ペーやん(林 良平)

 

「え!?ペーやんが何で9位!?」と思う人は東京卍リベンジャーズを全巻読んでください。笑

実はペーやんに関しては三ツ谷隆が「ペーやんは腕っぷしだけならオレより強い」と発言するほどの実力者であり、天竺の四天王クラスかそれ以上の喧嘩の強さを誇ります。

あと最初は単なる面倒な小物ヤンキー(ファンの人すいません)だと思ってたのに、どんどんカッコよさが増していってます。

というわけで第7位はペーやんでした!

第8位:場地圭介

場地圭介

そして第6位は筆者も大好きな場地圭介!

東卍を設立した男!

東卍の魂!

男気あふれる男の中のオトコ!!

場地圭介は東卍の元壱番隊隊長で、実は東卍を設立したのはマイキーでもドラケンでもなくこの場地圭介です。

そして喧嘩の強さはピカイチ!松野千冬が手こずるほどの相手を無傷で倒し、血のハロウィンでは大人数相手をバッタバッタとなぎ倒していました。

おそらく隊長クラスのなかではトップクラスの実力者だと思われます。というわけで第8位でした!

第7位:河田ソウヤ(アングリー)

河田ソウヤ(アングリー)

第7位は意外や意外!

肆番隊副隊長である河田ソウヤ(アングリー)!!「なんでアングリーが!?」という人は最新巻までちゃんと読みましょう。

河田ソウヤは普段は温厚で相手に対して本気で殴ることができませんが、一定のラインを越えるとキレます(セ○の時の孫○飯みたいって思ったのは僕だけじゃないはず)。

河田ソウヤ(アングリー)

東京卍リベンジャーズ第19巻より

なんと天竺四天王のモッチーを一撃粉砕!

河田ナホヤも「お前はキレるとやばいから」と釘を刺すほどで、鬼が出ると手を付けられないアングリーが第6位でした!

第5位:柴太寿

柴太寿

柴太寿は黒竜(ブラックドラゴン)の十代目総長であり、凶暴で狡猾な一面を持つ大柄の男です。

潰れかけた黒竜を立て直し、十代目として100人クラスの兵隊を抱えるほどに成長させたその手腕は、喧嘩だけではなくビジネスの能力も優秀です。

漫画の登場時では喧嘩がバケモン級に強いと言われてましたが、「あれ?そこまで強いか…?」と思うシーンも見当たったので、今回は第5位となりました。

もしかしたらアングリーのほうが強いかもしれないんだよなあ…ここは迷うところでした。

第4位:鶴蝶(かくちょう)

鶴蝶(かくちょう)

そして第4位はタケミチの元友達である鶴蝶(かくちょう)!

鶴蝶(かくちょう)は天竺の中でも特別扱いされており、黒川イザナの腹心的な存在だと思われます。

喧嘩センスはキレた時のアングリー以上!

東卍の主力を次々と一撃でぶっ倒す姿はまさに修羅のごとし!!底知れない強さを持つ鶴蝶が第5位となりました。

第4位:半間修二(はんましゅうじ)

半間修二そして第4位は敵にも仲間にも容赦をしない男、半間修二!

稀咲鉄太の懐刀的な存在で、稀咲自身も半間を相棒として見ています。喧嘩の強さは本気を出したドラケンと張り合うほどで、そのタフネスは異常レベル。

半間の強さは喧嘩センスよりも底なしのタフネスと狂気じみた発言・行動と折れない心にある気がしますね。

というわけで第4位は半間修二でした!

第3位:ドラケン(龍宮寺堅)

龍宮寺堅(通称:ドラケン)

そして第3位はドラケンこと龍宮寺堅!

ドラケンは血のハロウィンでは一瞬で10人をぶっ飛ばし、黒竜の兵隊100人と戦った時は1人で全員フルボッコで失神させるほどの怪物です。

絶対に中学生じゃないw

それでいてマイキーを総長としてちゃんと立てる所や、無駄に喧嘩をしたり仲間を見捨てないところが魅力的なんですよねぇ…本当欠点がない。

というわけで第3位はドラケンでした!

第2位:黒川イザナ

黒川イザナ

そしてそして第第第2位は黒川イザナあああああああ!!

黒川イザナはガリマンや阪泉、その他暴走族のトップが手も足も出ないほどの怪物です。

しかも彼の得意技はなんと、マイキーと同じ一撃必殺の蹴り!!イザナの底知れぬ強さとドス黒いオーラはマイキーをも揺るがす存在かも。

というわけで第2位は黒川イザナでした!

第1位:マイキー(佐野万次郎)

東京卍リベンジャーズ:佐野万次郎(マイキー)

そして栄光の第1位はマイキー(佐野万次郎)!

マイキーは生涯無敗の喧嘩の強さを誇る東卍のカリスマ的存在です。

喧嘩のほとんどは一撃必殺。

その威力は足を両手で掴まれても人間ごと吹き飛ばせるほど。

東京卍リベンジャーズ:佐野万次郎(マイキー)

東京卍リベンジャーズ第7巻より

絶対に人間じゃないですね。若木竹丸ですか、彼は。

しかもまだマイキーが本気を出して戦う所は見たことがありません。底しれぬ強さと喧嘩センスを誇るマイキーが堂々の第1位となりました!

強さ考察について

さて、完全なる独断と偏見で決めたトップ10でしたが、どうでしたか?

個人的には概ね間違いないと思ってます。

強さを測る上で、第1巻からマガジン最新号まで読んで、喧嘩シーンを見た上で総合的に判断しました。

個人的にまだ良くわからないのが

  • 柴太寿
  • アングリー
  • 三ツ谷隆

この3人ですね。

この3人は喧嘩シーンが少ないので判断しようがないです。

柴太寿は隊長クラスの三ツ谷に手こずってた上に最後はあんなやられ方しちゃったもんだから、位置づけがわからなくなってしまった…

個人的には第1位~6位あたりまでは不動で、他のランキングはこれからの戦いによって変動していくって感じですね。

個人的には場地圭介がまた出てきてほしい…

でも本当に大好きなキャラだから…本当に和久井さん、お願いします(´;ω;`)

終わり。

PS:11位以下も本当はランキング付けしようか迷ったんですが、灰谷兄弟、河田ナホヤ、武藤泰宏、一虎、パーちんなどキャラ毎の強さがイマイチハッキリしない感じだったので付けられませんでした…タケミチの名前が一度も出てきていないのはご愛嬌でw

ABOUT ME
しょーじろー
しょーじろー
WEB関連の会社を経営してます。マンガが好きというより好きなマンガの好きなシーンをひたすら繰り返し読むタイプ。