TIEMPO―ティエンポ―

【評価】ヤンジャン漫画「ティエンポ」の感想とネタバレ(個人的には神)

TIEMPO―ティエンポ―

どうも、しょーじろーです。

この記事ではヤングジャンプのサッカー漫画「TIEMPO-ティエンポ-」のあらすじと感想を書いてます。

ティエンポはいわゆるサッカー漫画で、サッカーという不確定要素の多いスポーツを極めてロジカル(論理的)に描かれています。

なんつーか「ゴールネットを突き破ったあー!」「ボールが消えたあー!」的な要素は一切なしに、理論ベースでサッカーを展開していく感じです。

ネット上ではストーリー展開に関して賛否両論ありますが、個人的にはめちゃくちゃ大好きなタイプの漫画です。

というわけで少々ネタバレを踏まえつつ、感想・評価をどうぞ。

【ヤンジャン】ティエンポのあらすじをざくっと紹介

ティエンポは主人公の瀬戸柚樹の中学時代から始まります。

優しい先輩に囲まれ、平和にサッカーを楽しんでいた中学時代ですが、瀬戸柚樹(以下:柚樹)の一個上である朝美圭佑が転校してから雰囲気が一変します。

平和だった部活が超絶ブラックな日々に。

ティエンポ第1巻4Pより

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻7Pより

ビビりすぎてお漏らしをする瀬戸柚樹。「またかよ…!」と言われてるのを見る限り、複数回お漏らしした経緯ありっぽい。

とにかくキレまくる朝美。お前はどういう家庭環境に育ったのだ…

ティエンポ第1巻11Pより

「俺のことだけ考えて動け」と言わんばかりに、チームへのパスの要求をしまくる朝美。

パスが上手くいっても別に褒められない。でも下手なパスを出すとキレられる、というどう考えても理不尽極まりないプレーヤーです。

でもサッカー技術は抜群で、ゴールへの嗅覚もかなり鋭いから誰も文句が言えない。

そういえばこんな奴、中学時代の部活で一人くらいいた気がする…

ネット評価では「部活を思い出すわ…」とトラウマを思い出させられるとの声もあって、それが賛否両論の元になってるっぽいです。

部活をやめることすら認められず…

あまりにブラックさに嫌気がさして、瀬戸柚樹はキャプテンである朝美に「部活、辞めます!」と告白します。

しかし、朝美からは「お前が辞めたら10人になるから試合ができなくなるから残れ。」とあっさり拒否。

もう部活で怒られたくない。でもやめることすら許されない…

追い詰められた柚樹は「どうすれば朝美先輩に怒られないんだろう…」と考え、朝美のプレーの解明をするようになります。

※「別に黙ってやめればいいじゃん」という声もありますが、学校にいる限り朝美からサッカー部に連れ出されるのを考えると、やめるという選択肢も取りづらかったのかなと思われます。たぶん、たぶんね。

ティエンポ第1巻26Pより

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻46Pより

怒られたくない一心で朝美のプレー分析を始めた柚樹。

一見、何もわからない朝美のプレーをすべて分析し、

  • パスの出し手の位置
  • 目線
  • 先輩の走ったコース
  • 走り出しの足の使い方

などの膨大なデータを元に朝美のプレーを解剖してしまいます。その情報量は家族がドン引きするレベル。

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻44~45Pより

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻47Pより

情報量が多すぎて名探偵みたいな部屋になってるw

すべて朝美のプレーに焦点を当て「どのタイミングでどういうパスを出すべきか?」を徹底的に分析し、考える瀬戸柚樹。

それもこれも朝美に怒られないため!!

そしてついに柚樹は、朝美圭佑のプレーに隠された駆け引きの技術を発見します。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻51~52Pより

実は注目すべきは朝美の動きではなく「ディフェンダーへの目線である」と気づいた柚樹は、走り出すタイミングを徐々に掴み始めます。

パスの精度にまでこだわる柚樹(これも怒られないため)

瀬戸柚樹のすごいところは、タイミングとコースが合っているだけでは満足せず、朝美が受け取りやすい球質にまでこだわっている点ですね。

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻60Pより

朝美の最も受け取りやすいボールを蹴る柚樹。これによって初めて「怒られない」という成功体験を得たのでありました。

※褒められてはいない

その後、柚樹というパサーを得た朝美は、一ヶ月の大会で独壇場の活躍を見せ、そのまま全国屈指の強豪校(江南第一高校)に推薦入学したのでありました(この段階では…)。

県立春日高校へ入学

そして瀬戸柚樹は中学卒業後、県立春日高校へ入学し、サッカー部へ入部することになります。

「頑張るんだ…ここで。3年間…」と、朝美のいない高校で平和にサッカーをするはずだった柚樹だが…

そこには「いないはずの」彼の姿が…!!

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻71~72Pより

ぶっちゃけここまで朝美を絡めてくる必要はないと思うんだけど、のっけからインパクトでかい形で登場しちゃったから仕方なすって感じですね。笑

サッカー部長:會澤要(あいざわかなめ)が目指す理想のサッカー像とは?

そして春日高校に入学した柚樹は、そこで部長である會澤要から「今まではとは全く違う概念でサッカーをしていくことになる」と宣告を受け、テンションガチ上がり。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻101P、103~104Pより

會澤要から入部初日に「覚悟と向上心を持って入部するなら歓迎します」と宣告を受け、いよいよ部活が始まることに。

ちなみにこの漫画のタイトルである「ティエンポ」はスペイン語で「時間(タイミング)」という意味があり、春日のサッカースタイルと深い関係があります。

個人的に春日(會澤要、リキ)の目指すサッカースタイルこそがこの漫画のメインであると考えています(つーかそういう気持ちで読んだほうが面白いです。朝美と柚樹の関係の話は自然消滅しそうだしね…)。

會澤に見抜かれる柚樹の朝美トラウマ…

そして春日高校の練習でAチーム(レギュラー)、Bチーム(一年生、その他Bチームメンバー)でゲームをすることになりますが、そこで會澤に朝美への呪縛を見抜かれ、激を飛ばされます。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻182~183Pより

パスの選択肢が多数あるにも関わらず、朝美にしかパスを出そうとしない柚樹のプレーを見抜いてしまう會澤。

「こ…こんな人だったのか…部長さんって…」とまた漏らしそうになるち○ち○をギュっと抑え込む柚樹。

つーか運動中によく漏らせるなw

しかし朝美からは「さっさと俺の所にパス持ってこい!!」と鬼の形相で怒鳴られる。

「な…何…もう訳わかんな…」と恐怖で頭が混乱する柚樹。そら中学時代のトラウマからの怒鳴り+部長から「なめてんなら消えろ」で責められたらそらこえーよ、普通の反応だよ、柚樹くん。

でも會澤からはどことなくトラウマを見抜いた上での発言にも思えました。

朝美トラウマを部長に告白する柚樹

そして部長の會澤要から「グラウンドから消えなさい」宣言をされた瀬戸柚樹は後日、部長のもとにいき、過去のトラウマを告白します。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻196P、198Pより

このときの會澤さんがマジで達観視しすぎて草。そして朝美への呪縛を感じた會澤は、柚樹に練習試合のDVDを渡します。

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻201Pより

そして試合を見させた會澤は、柚樹に春日高校が目指すサッカー理論を語るのでした。

入部初日を終えただけの柚樹にここまでする辺り、彼への期待を感じさせますね。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻210~211Pより

會澤は「曖昧なものが嫌いであり、不確定なカオスを排除したサッカースタイルを模索していること」と語ります。

冷静沈着な中に隠れた熱い想いを告白する會澤。

TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻218Pより

そして朝美に怯える柚樹に「戦う意志のない人間に価値はない」と一蹴する。

でもこれは柚樹の奥底にある負けず嫌いな性分を見抜いたからこその叱咤激励だったのかもしれません。

そして會澤要のサッカー論と激に心を動かされた柚樹は「レギュラーになってみせます」と宣言。

TIEMPO―ティエンポ― TIEMPO―ティエンポ―

ティエンポ第1巻223~225Pより

ざっくり言うとこんな感じです!

僕は1巻~4巻~最新話まで全部読んでますが、全体を読んでいくと、メインは會澤が目指すポゼショナルプレーであると感じさせる部分が多いです。

なので「柚樹と朝美が~」の部分よりも、サッカー論としての読み方をしたほうが楽しめるかもしれないですね。

朝美の態度の悪さは一旦置いとくのが吉かとw

【漫画】ティエンポの感想と評価

率直な感想を言うと僕はめちゃくちゃ好きです。

サッカーをロジカルに掘り下げるのが新鮮なのと、バルセロナやスペイン代表などが採用している「ポゼッションサッカー」という海外の戦術を用いた点はかなり新しいですよね。

またドラマチックな要素を排除している点も良しです。この辺りはベイビーステップと似てる。

何より春日高校には明確なチームの理想像があり、そこにたどりつくための明確なプランがあるという点が、読んでて気持ちいいです。

「なんで朝美みたいな奴を出したの?」「主人公の柚樹のおもらしはやりすぎだろ…」的な人もいるかもですが、それ言ったら方向転換しまくってる漫画もたくさんありますからね。

柚樹がどのタイミングでメンバーとして起用され、ポゼショナルプレーの中で活躍をしていくのか?チームはどんな方向に向かっていくのか?という点で今後が非常に楽しみですね!

【期間限定】ティエンポの1巻を無料試し読みをする方法

ティエンポはebookjapanのみ期間限定で1巻を無料で試し読みできます。

※具体的な期間は載ってなかったので早めに読んだほうがいいです

僕はティエンポの第1~4巻も持ってるし、週刊ヤングジャンプのもebookjapanで毎週買ってます。ヤンジャンは2年前くらいから買ってるので、別に単行本買わなくても1話目から読めるんだけれどもw

最初は1巻をためし読みしてみて、単行本で欲しいって人は買うと良いと思います。

個人的には読み込み型な漫画なので、今後を見据えて買うのを勧めますけど。まだ4巻ですが、巻数が増えてくると揃えるの大変ですからね…

第1巻の無料試し読みはこちらです。

↓↓↓

TIEMPO―ティエンポ― 1 を無料で試し読みしてみる(期間限定なのでお早めにどうぞ)。

「最新話を読むだけ」ならとなりのヤングジャンプがおすすめ!

最新話だけを読みたいならヤンジャン公式のとなりのヤングジャンプがおすすめです(公式なので安心)。

となりのヤングジャンプならヤングジャンプ最新号の5日後(翌週の火曜日)に最新話を読むことができます。

あと今のところ第1~3話も無料で読めますよ!

ちなみにティエンポが面白くなるのは2巻辺りからなので、3話目まではそんなに面白シーンは出てこないんですけどw

朝美と柚樹のごちゃごちゃが長いからねえ。

個人的にはゴチャゴチャが落ち着いて、サッカーに集中し始めた辺りから読むと面白さが伝わりやすいです。

僕がハマったのもヤンジャンで3巻辺りの話数をたまたま見たからなので。

僕的にはヤンジャン屈指の面白さを誇る漫画なので、ぜひぜひ読んでみてくださいませ。

ABOUT ME
しょーじろー
しょーじろー
WEB関連の会社を経営してます。マンガが好きというより好きなマンガの好きなシーンをひたすら繰り返し読むタイプ。